menu

中央軒煎餅の歴史1985 ~ 2001

1985

1985年4月
輸出入業務開始

昭和60年

1987

1980年代

「さくらえび」新発売

昭和62年

1990

1990年2月
本社機能を羽沢ビルに移設、本社社屋とする

1990年4月
山田忠 (株)中央軒煎餅 代表取締役に就任

平成2年

1991

1990年代

「瑞穂の瞬間」(カジュアルギフト提案) 新発売

「江戸おかき」リニューアル

1991年6月

「団扇花」新発売

平成3年

1993

1993年1月

バレンタイン商品発売

1993年2月

ひなまつり商品発売

平成5年

1994

1994年

「福あつめ」新発売

1994年

歳時記商品の発売

「節分」「ホワイトデー」「端午の節句」「父の日」「新米まつり」

平成6年

1995

1995年4月
(株)八百家せんべい本舗、(株)中央軒煎餅へ業務統合

デイリー商品の強化
行楽気分(春・秋)新発売
「瑞穂の瞬間」リニューアル(ドーム型パック)

平成7年

1996

1996年

「夏BEER相棒」新発売

平成8年

1997

1997年8月
埼玉物流センター開設
(羽沢配送機能をアウトソーシング)

1997年9月

「いろりの友」が「銀座あられ」としてリニューアル

平成9年

1999

1998年10月

「新瑞穂 (粋・粒・精)」発売

1999年4月

「さくらえび」リニューアル

平成11年

2000

2000年

「花色がさね」新発売

2000年10月

「あられ紫苑」新発売

2000年10月

「ふっくら黄金」新発売

平成12年

2001

2001年6月
埼玉児玉郡上里町に埼玉工場竣工、中村橋工場閉鎖

2001年

「春行楽気分」「秋行楽気分」リニューアル

2001年8月

「福あつめ」リニューアル

平成13年